定款

2019.04.25

第1章 総則
(名称)
第1条 本団体の名称を「令和防災研究所」(以下、「研究所」という)とする。
(事業)
第2条 研究所の事業は次の通りとする。
(1) 防災に関する研究
(2) 防災に関する情報の収集と提供
(3) 防災に関する啓発
(4) 防災士制度及び防災士活動の強化に資する活動
(事務局所在地)
第3条 事務局所在地を東京都千代田区におく。
(活動・事業年度)
第4条 研究所の活動・事業年度は毎年4月1日にはじまり、翌年3月31日に終わる。

第2章 役員

(理事)
第5条 研究所に理事を置く。
2 理事のうち1名を理事長とする。理事長は研究所の活動及び事務を統理する。
3 理事のうち1名を所長とする。所長は研究所の研究活動を統理する。
4 所長職は監事以外の他の役職と兼務することができる。
(監事)
第6条 研究所に監事を置く。
2 監事は理事の業務執行を監査し、理事長に報告する。
(選任)
第7条 理事及び監事は役員選考委員会で選任する。役員選考委員会の規程は別に定める。
(任期)
第8条 理事及び監事の任期は選任から2年間を原則とするが、選任から2年後の日を含む事業年度の末日を限度に2年より長い任期を選任時に指定することができる。
2 理事及び監事の選任に当たっては、再任を妨げない。

(退任)
第9条 理事及び監事は、止むを得ない事情が発生した場合には役員選考委員会に退任を申し出ることができる。

第3章 組織

(理事会)
第10条 研究所に理事会を置く。
2 理事会は、すべての理事をもって構成する。
3 監事および理事会が求める者は理事会に出席して意見を述べることができ
る。
(理事会の権能)
第11条 理事会は次の事項を決定する。
(1)研究所の業務の執行に関すること
(2)理事長、所長の選任
(3)定款の改定
(4)研究所の理事、監事の解任
(5)その他、研究所の運営上必要なこと
(理事会の招集)
第12条 理事会は理事長が招集する。
(開催)
第13条 理事会は毎事業年度に1回以上開催する。
(臨時の開催)
第14条 前条にかかわらず、理事会は以下に該当する場合に開催する。
(1)理事長が必要と認めた場合
(2)現理事数の3分の1以上から会議の目的たる事項を提示して請求があった場合
(定足数)
第15条 理事会は理事の過半数の出席をもって成立する。
2 委任状を提出した理事は、当該理事会に出席したものとみなす。
(議事録)
第16条 理事会は開催ごとに出席者や議事等についてとりまとめた議事録を作成す
る。
(研究員)
第17条 研究所の業務を遂行するために研究員を置くことができる。
2 研究員は主席研究員、主任研究員、研究員、客員研究員とする。
3 研究員は所長が任命する。
(事務局)
第18条 研究所の事務を処理するため、事務局を置く
(会計)
第19条 研究所の活動に係る会計は事務局が所管する。

附則

第20条 本定款は令和元年(2019年)5月1日から発効する。